8
安藤 騎虎

コレクション: 安藤 騎虎

コレクション: 安藤 騎虎

料理に対する興味、日本の伝統文化を守り伝える事への想いから焼き物の道に入る。現在は個人名とは別に、備前焼をより幅広い層に日常的に使ってもらう事を目指した食器のブランド「鳴瀧窯 -narutaki-」デザインワークとしての展開「KIKO」としても併せて活動している。デザインの視点から備前焼にアプローチし、「時代を反映させた新しい価値」の創造を目指す。併せて、やきものを通じて日本の伝統や文化についての発信を行い、日本の文化の成熟に寄与出来たらと考えている。


陶歴

1977年 神奈川県 横浜市に生まれる

2001年 岡山県備前陶芸センター入所

2003年 岡山県備前陶芸センター修了
  橋本画廊入社 橋本和哉に師事
2007年・2008年
田部美術館「茶の湯の造形展」入選
2008年
独立
2012年
廣田尚子氏とのコラボレート作品
「入れ子碗」「竹把手急須」 IFFT出展
2013年
スワミヤ氏とのコラボレート作品「備前 すらら」
IFFT出展
2014年
備前焼の日常の器としての認知を拡げる事、若い世代への訴求、
イメージ発信を目的として、個人名とは別にプロダクト的展開
「鳴瀧窯 -narutaki-」を立ち上げる
2015年
コーヒードリッパー「Hour Glass」発表
2016年
LEXUS NEW TAKUMI PROJECT 2016年度
「匠」に公募枠で選出(岡山代表)
2017年
1人用コーヒードリッパー「nagom」
全国伝統的工芸品公募展で「若手奨励賞」受賞
2018年
コーヒードリッパー「Tear Drip」発表
2020年
JETRO事業「TAKUMI NEXT 2020」選出
2021年
「TAKUMI BORDERLESS」参加・出展
食・料理に対する興味、日本の伝統文化を守り伝える事への想いから焼き物の道に入る。現在は個人名とは別に、備前焼をより幅広い層に日常的に使ってもらう事を目指した食器のブランド「鳴瀧窯 -narutaki-」デザインワークとしての展開「KIKO」としても併せて活動している。デザインの視点から備前焼にアプローチし、「時代を反映させた新しい価値」の創造を目指す。併せて、やきものを通じて日本の伝統や文化についての発信を行い、日本の文化の成熟に寄与出来たらと考えている

個展歴

「備前 日々の器」有馬温泉 ガレリーア・レティーロ・デ・オーロ(2014・以後不定期開催)

「備前のうつわのある暮らし」Parque Tokyo (2016)

「備前の器のある暮らし」水戸京成百貨店 (2017)

「まいにち つかう 備前」阪急うめだ本店 スーク「暮しのアトリエ」(2019・以後毎年) 他

経歴
17個の商品